あかいろsirrusに乗って

カテゴリ:ちくちく手芸( 7 )

やさしく、シンプルに

どなたかのブログで、やはり手芸がお好きな方なのですが、
「手作りに興味を持つまでは、チェック柄のスカートとかウエストゴムのスカートなど
いわゆる手作りっぽいものを着る趣味は全然なかったのに、変わるもんです」とありました。

そーですね・・・
先日作った、グレーのチェック柄 ダブルガーゼ素材のストールです。

f0113802_1624045.jpgf0113802_1665162.jpg








三角形にして脇を縫っただけ。
ダブルガーゼの2枚重ね、とても暖かなのにサラッとしています。
幅を折ってクルクル巻けば、フツーのマフラーみたいにも。

さっきのブログの方と同じく、私も仕事を辞めるまで・・・というか、
ついこの間まで、手作り感のある洋服や小物を身につけたことはありませんでした。

職場では「カワイイ」服より「凛とした清潔感ある」服を求められますし、
休みの日はGパンとTシャツ、スポーツウェアがあれば過ごせますし・・・って、
これって「平日はスーツ、休日はゴルフウェアオンリー」のお父さんと一緒ではっ!!

忙しく働く女性でも、オンとオフ、全く違うおしゃれを楽しむ人もいますが、
私は、休みの日しか着られないような「ゆるーいカワイイおしゃれ」というものに
手を出す時間やココロの余裕はなかったなぁ・・・。

今でも、手作りの中でも「レース」「パッチワーク」「ラブリーな花柄」という
とびきりカワイイものには抵抗がありますが、
リネンやコットンなどやさしい素材を、シンプルな仕立てで、
自分で作れるという達成感を味わえる、
ついでに脳の老化防止にもなる?(・・・指先使うといいらしいですよ!)
手芸をゆっくり味わいたいと思います。

そして、カラダ作りは自転車でね。
[PR]
by morizo2006 | 2007-10-26 16:17 | ちくちく手芸

作るのも楽しい

私の室内での趣味、それは手芸。 (・・でもまだ趣味歴たった2ヶ月)

少し前に作ったバッグ、どこかに掛けて写真を撮ろうと思い、
あたらめてウチの中に「フック」というものが一個も無いことに気が付きました。

壁の下地センサーを買ってきて、いつかフックをつけてやるぞー・・・
と、決心するほどのことではありませんが。
とりあえず今日は、サルに協力してもらおう。


f0113802_22413635.jpg

                        サルは・・・


f0113802_22255177.jpg

                   こんなふうに使えます。

このバッグも、スタイリストの内田彩仍さんのレシピを見て作りました。
私は内田さんのファンというわけではありませんが、内田さんの紹介するものは
シンプルなデザインで作りやすい。
手芸歴2ヶ月、かつ完全自己流の私が言うので・・・ほんとーに作りやすいのです。

このバッグの出来上がりサイズは、底幅約57cm、深さ約32cm。
割合たっぷりした布バッグです。


f0113802_22302460.jpg

        外布はリネン混ダンガリー、内布はソレイヤードを使いました。

手芸を始めたばかりの頃は、ちょっとした失敗や縫い目のゆがみが
すごく気になっていましたが、この頃は「それも手作り」と思えるようになりました。
私が作るんだから、そんな売ってるもんみたいに綺麗なわけないじゃん!って。

趣味は私にとっては「遊び」。楽しくいかなきゃ。

とか言って、慣れてくるとまたなんか悩むんでしょうね・・・きっと。
[PR]
by morizo2006 | 2007-10-09 23:06 | ちくちく手芸

まずはデザイン、そして・・・

手作りバッグ3号。

f0113802_119933.jpg

 先日スカートを作りましたが、
 同じく内田彩仍さんという
 スタイリストさんが
 自著で紹介していたデザイン。





f0113802_11102857.jpg



 中のひもを結ぶと・・・






f0113802_11115220.jpg



 形が変わります。






f0113802_11124148.jpg



 そして、リバーシブル。







ちくちく手芸初心者の私は、形からデザインして作ることはまだ無理ですが、
布だけは自分のコーディネートを楽しんでいます。
もともとのレシピから布を変えるだけで、そのデザインが自分のものになります。

洋服も小物も、昔から「花柄」ってほとんど持っていませんが、この花柄は、
アンティークっぽくて素敵な布だなぁと思いました。
無地の裏布はリネン素材。

バッグと洋服、数点作ってみて思ったのは、
今まで、「手作り=縫製すること」と思っていましたが、
好きなものが作れるかどうかって、まずはデザイン、布選び、そして裁断で
そのほとんどが決まってしまうようです。
「ちくちく縫製」は、最後の仕上げに過ぎません・・・というと大げさでしょうか。

でも、手芸だけじゃなくて、そういう考え方っていろんなケースに当てはまる。
そう・・・縫う前に、もう決まっているんです。
[PR]
by morizo2006 | 2007-09-19 11:33 | ちくちく手芸

伊豆とIKEAと手作りの結末・・・

伊豆では雨に降られて、予想通り
温泉→マッサージ→食べる→温泉→飲む→寝る・・・というコースでした。

マッサージしてくれたお姉さんが、「あちこちはっていますね、お疲れなんですねー」
と言いましたが、日々ほんとーに何にもしていない私、いったい何に疲れるのやら。
あら、何もしてないことに疲れるのかしら?
・・・バシッ(自分で殴る)

ちょこっとだけ、芦ノ湖。(この直後、トンデモナイ大雨に降られる)

f0113802_22534614.jpg

芦ノ湖にもスワンボートがありましたけど・・・
あの海賊船みたいなもん(遊覧船です)と衝突しないのだろうか?
それに、あんまり遠くまで漕ぐと、帰ってくるのが大変そうです。

旅行から帰ってきた翌日、預けておいたうさぎを迎えに行って家に戻した後、
船橋のIKEAに行きました。初めてのIKEAです。
「日本のスウェーデン」は船橋オートレース場のまん前にありましたよ・・・。

目的の物を購入し、ちょっと休憩していこうと、
レジを出たところにあるセルフサービスのカフェに行くと、
ホットドッグ¥100 ソフトクリーム¥50  ・・・何でも安いっ。

私が行ったのは平日でしたが、土日はすごく混むんでしょうね、ここ。

さて、¥100ホットドッグを食べた後、帰宅してモチロン普通に夕飯を食べた私ですが、
いいかげん痩せねばならぬ出来事がっ。

これは、旅行前に仕上げた、手作り洋服2号のスカートなんですが・・・

f0113802_22545934.jpgf0113802_236470.jpg











どうしたことでしょー、ウエストがぴちぴち。

作り方は、内田彩仍さんというスタイリストさんが自著で紹介していた
レシピ通りなのですが、
・・・ひょっとして内田さんは小柄なのかしら?(←自分をごまかすなっ)
それとも、作り方で私はタックの入れ方を間違えたのかな?(←まだ言うか)
それとも私の・・・私のウエストがー!?

レシピには、「ウエスト何センチ」とか書いてなかったなぁ。
まぁ、普通は合わせながら作るのでしょうが、自分は標準体型からそんなに
ブレてないと思っていた私は、そこんとこあまり気にしていなかった。

どれどれ、メジャーでスカートのウエストを測ってみると・・・おおー・・・
レシピ通りかどうかより、こりゃー入らないのはマズいですな・・・。
数字ってほんと、現実をつきつけます。

ダイエットの目標として、ちょっと小さめのサイズで着たい洋服を買ってがんばる、
というのは聞いたことがありますが、私は自分で目標服を作ってしまいました。

この週末は自転車でフラフラ出かけないで、ただ走るっ、がんばるっ。
もちろん買い食いも、しないぃぃぃっ。
[PR]
by morizo2006 | 2007-09-14 23:10 | ちくちく手芸

主婦のつぶやき・・・

  ワンピースが仕上がりました。
f0113802_13515052.jpg   
  「手作り洋服 1号」
  記念に着用した姿を撮りたいのですが、
  日中はカメラマンもモデルも私しかいないので、
  また今度。

  この型紙は伊藤まさこさんのソーイング本に
  載っていたもの。
  本屋で見て、ボタンもファスナーもない作りは
  初心者にピッタリじゃないかと思い、決定。
  
  リネン混の生地はちょっと薄いので、
  スリムパンツやスパッツと
  あわせて着ようと思います。


伊藤まさこさん、ほかにもいろいろ著書があるようですが、
「東京散策」について書かれている本を見ると、私も行ったことのあるお店が多い。
好きなものが共通しているというより、似たような世代ゆえという気がいたします。

同氏に限らずですが、女性スタイリストやカリスマ主婦、モデルの「ライフスタイル本」、
ほんの一時の流行かと思っていましたが、そのカテゴリーを作ってしまった感があります。

内容は、自分のお気に入りのグッズ、料理、洋服、手作りモノなど、生活全般を
「暮らしが楽しい」「暮らしが一番」というポリシー(?)のもと紹介しています。
著者には既婚者が多く、子供や夫との暮らしそのものを、
オシャレなライフスタイルとして見せている人もいます。
このテの本、主な購買層はモチロン主婦。
「アタシもこんな暮らしがしたい」と目をきらきらさせて読むのでしょう。

私も読んでみて思うのですが・・・家の中が綺麗だ。
オイオイ、ホントはもっとちらかしてるんでしょー!
綺麗なのは本だからでしょー! ・・・お願い、そうだと言って。

むかーし、勤務していた会社で扱っていた商品、カリスマ主婦兼スタイリストの女性に
「お気に入りのモノ」として雑誌でとりあげてもらったところ、
扱いとしては小さいと思っていたのですが、
掲載直後は朝から晩まで全国の主婦(らしき)方から問い合わせの電話が
ひっきりなしにかかってきて・・・カリスマ主婦の人気に驚いたものです。
フツーの雑誌掲載では、ここまでダイレクトな反響はナイ。

同時期に聞いた話ですが、ある住宅設備機器の会社のイベントで、
カリスマ主婦系のモデルさんにショールームの一部のコーディネートを依頼したところ、
扱っている商材からして、普段はほとんどショールームに来ないような20~30歳代の
主婦グループが、そのコーディネートを見に、わんさかやってきた・・・とのこと。
しかもファッションがそのモデルさんとそっくりなのだとか。

思惑通りと言えばそうですが、そういうのを見聞きして、あー主婦ってヒマなんだなーと
思っていましたが、今、私がその「主婦」になり、どうかというと・・・
ウン、そういう意味ではやっぱりヒマかもしれないと思う今日この頃。

それはオメーがぐうたらだからだ、と思われた働き者の主婦のみなさん、ごめんなさい。
[PR]
by morizo2006 | 2007-08-28 13:25 | ちくちく手芸

バイクとバッグ

ここ2~3日、自転車で出かけたところといえば、運転免許試験場。
免許の書き換えです。

2年前から、高速道路での自動二輪車の2人乗りが可能になっていたんですね。
知らなかった・・・。

この時期の自動二輪、車や自転車から見ていて気になるのは、
タンデムしている女の子の格好。
キャミソールにショートパンツって・・・転倒したらどーするの?
大事故じゃなくても、そんなカッコしてたら、見た目が大事故になります。
想像しただけで、ぎょえぇぇ。

前に乗っている彼氏、何も言わないんだろーか?
「上着着ろよな」とか言うと、「運転に自信ないの~?」なんて言われちゃうのかな?
別に言われてもいいじゃない、彼女がオソロシイ姿になるくらいなら・・・と思いますケド。

あまり知られていないことですが、それより自分でも滅多に思い出しませんが、
私は自動二輪の中型免許を持っています。
(田舎でレディースだったわけではありません)

知人・友人でバイクで転倒したことがないという人は、あんまりいなかったなぁ。
○○年前、自分の運転が信用できない私は(・・笑)、どんなに若くても・・・イエ
暑くても、走行時はジャケット着用でした。
他人の後ろはこわくて乗れません。

まぁ、どんなカッコでも自己責任と言えばそうなんですが・・・。

さて、自作バッグ2号が出来上がりました。

f0113802_2159598.jpg


これは姪にプレゼントするもの。
子供なので、ハンドルはちょっとかわいくトリコロールにしてみました。

f0113802_21512998.jpg


猛暑の中、涼しいお部屋で手芸にはげむ私。 
世間では、そろそろ夏期休暇は終わりなのかしら。 
夫の会社は、今年から一斉に休まず、交代で休みをとるようにしたそうです。
9月に遅い夏休みをとる予定なので、我が家はお盆も平常運転でした~。
[PR]
by morizo2006 | 2007-08-16 21:35 | ちくちく手芸

今年の夏は

去年の夏と比べて極端に暑くなったとは思いませんが、それにしても暑いです。
いったい去年の今頃はどう過ごしていたんだろー・・・と見てみたら、

2006年8月14日・・・上尾市の榎本牧場へサイクリングに行ったようです。

f0113802_18431837.jpg

ウシ君たちはもちろん、豚とか、かわいい子猫もいました。

そうそう、この1週間後くらいだったでしょうか、サイクリングで熱中症になりかかりました。
と言うより、なっていたのでしょう。

家まで15Kmくらいのところで気分が悪くなり、倒れこむように休憩・・・。
しばらく休んだ後、数キロおきに長く休憩をとりながら、
休憩のたびに水分補給はもちろんアタマから水をかぶり、
ゆっくりゆっくり先に進み・・・なんとか帰宅しました。

暑いときは無理せずお休みしましょう。

ということで、最近凝っているのは「手作り」。
まぁ、なんというか、わが人生初の手作りブームが来ています。(・・・室内は涼しいし)

f0113802_19192450.jpg

                    手作りバッグ 第1号

作ってみて思ったのは、自分の感覚と合う手芸本(テキスト)を探すのが難しい。
手芸というと、どーも子供っぽいものやラブリーなものが多いですね。
上級者は自分でデザインして作るのでしょうが、私は初めてなもんで・・・
サイズはテキスト通り、布や素材をアレンジしてみました。

f0113802_19225371.jpg

←革にカシメをつけたのは夫。
 (ってことは共同作品なのか?)





作り終わって夫が一言
「なぁんだ、BROMPTON用のバッグも自分で作れるな! ガンバレ」
なんでBROが出てくるのかというと、ぴーすけさんにコメントで教えていただいた、
オーダーバッグのお店「グーワタナベ」さんのHPを見ていたら・・・
f0113802_19335978.jpg


かわいいシートポストバッグ 31,395円ナリ!→

「オイオイ注文する気じゃねーだろーなー」という
目つきで私のことをにらんでいましたね、夫よ。




「3万円なら、新しいママチャリ買ってオツリがくるよ」と夫が言いました。
そういう値段の比較は・・・趣味の世界においては無意味でございます・・・。

そして夫婦で同じ趣味を持つと、牽制球の投げ合いです。
[PR]
by morizo2006 | 2007-08-13 19:54 | ちくちく手芸



sirrus&BROMPTONで   自転車散歩
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
☆プロフィール
名 前 / morizo
性 別 / 女性
住まい / 東京都
自転車/ sirrus
       BROMPTON
職 業 / うさぎ飼い

****************
☆自転車つながりblog
sirrusでまったり
arakawa photo
合言葉は「自転車!」
冬の虹
お尻が痛ーい

****************
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
お気に入りブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧